2012/03/25

パンク修理失敗

Vittoria CORSA EVO-CX LIGHT 21-28自転車仲間からいただいて使っていたタイヤがとうとうパンク。

8-14BAR対応のところ9.5BAR前後で使用して、グリップ、クッション、剛性とも私ごときには文句無く優等生。

普段自分で買うタイヤ3本分以上のお値段。捨てるに捨てられずダメもとで開腹することに。

このクラスになると構造が複雑なので修理が難しいと聞いていたけど、中には、薄いシルクのようなカバーが、、、

コイツを元通りに戻すのは無理かも、けども、穴さえふさげば、なんとかなんじゃね~と、穴を探すと、とととと

うひゃ、デカ、それにラテックスチューブが、パンク防止に入れてあったシーラントのせいか、ベタベタでちょっと引っ張るとちぎれるほどに劣化。

開腹前はシーラント追加による修理も考えていたけど、これじゃ無理だあ~

あきらめつきました。CORSA EVOありがとう。
シーラントの使用を考えさせられる体験でした。

4 件のコメント:

  1. 初めまして(^^)いつも楽しく拝見しております
    不躾な質問で大変恐縮ですが、コルサEVOに入っていたシーラントは何処のシーラントなんですか??
    画像では溶けている??様にも見えますが、只今シーラントを検討しておりまして参考にさせて頂けましたら幸いです
    宜しくお願い致します

    返信削除
    返信
    1. Hashimotoさん
      コメントありがとうございます。

      使ってたシーラントはノーチューブです。
      チューブの劣化はシーラントを入れて、
      1年ほど経過してから確認したものです。
      たぶん放置しすぎたのが原因と思います。

      あくまで推測ですが、シーラントの成分が悪いのではなく、
      シーラントの水分と、保管温度(屋根裏で暑くなる)等の
      条件が重なりラテックスが加水分解した感じです。

      私は、多数の車両に乗っているため、
      それぞれのタイヤの消耗が少ないのですが、
      たいていは、チューブが劣化するより早く
      タイヤの寿命がくるのではないでしょうか。

      ノーチューブの耐パンク性能、パンク補修性能は
      文句のつけようがありませんので、
      今でも私は、ノーチューブ派です。

      削除
  2. ご挨拶遅くなって申し訳ありません
    早速の回答ありがとうございます(^^)

    なるほど~参考になります
    知り合いにも他銘柄のシーラントで同じような症状になっていたもので気になってたんすよ(汗

    使ってのタイヤライフが先か不具合が先かですね(笑
    一度ノーチューブ使ってみたいと思います☆
    ありがとうございました

    返信削除
    返信
    1. Hashimotoさん
      お返事をいただきましてありがとうございます。
      先日サイクリング仲間とシーラントについて話しました。

      当該のシーラントはブチルに良く効くようで、
      異物の残らない小さい穴のパンクは速攻でふさがり、
      走り続けることができます。
      「帰宅後にフレームに付着したシーラントで、
      パンクしたことに気づいた」との話もでました、、、

      なので最近、
      チューブラータイヤはVittoria Stradaが気に入ってます。
      安いのにバルブコアが外せてシーラントが注入しやすいです。
      また、当然このクラスはブチルなので
      「パンクよ、来るなら来てみやがれっ!」って感じで、
      ツーリングも気楽になります。

      ラテックスはパンクしたらふさがるまでに多少時間がかかるようで、
      なんとか走れる程度の気圧は残るものの、結構抜けます。
      漏れが止まったら空気を足します。
      ラテックスはパンクしてなくてもどんどん気圧が下がりますが、
      シーラントを入れることで抜けを遅くするメリットがある、との、
      意見もありました。

      いずれにせよ、ホビーユースにおきましては
      チューブラーを身近なものとする便利ツールだと思います!

      削除