2012/04/07

テストライド


一週間後にひかえた、栃木県で行われる「エクストリームシリーズ那珂川」に向け、TURNER SULTANのテストライドをかね、S先生、T先輩につれられて現地でチェックポイント(CP)確保を練習しました。

S先生に、昨年度のマップをもとにテスト用のコースを引いていただきました。
内容は、スタート地点をMTBで出発。CP1~CP4を取りCP5の手前でMTBをデポ。CP5、CP6をトレッキングをピストンで取り、MTBを回収してスタート地点に戻ってゴールするミニコース。全くアドベンチャーレースの経験が無い私が生徒となり、2人の鬼教官がしごきをいれるスタイル。

自宅を出発する頃の晴天は、徐々に日差しが薄くなり、冷え込みの中の試走となりました。

コクピットにS先生が自作されたマップ台を取り付け、マップをクリップ。磁北線を書き込んだマップと、コンパス、腕の高度計をたよりにCPをめざします。
なんとこの競技、GPSの使用はNG。そこが面白いんですけど、、、今回はログ取用のガーミンをパックにしまって行動しました。

 移動距離: 24.5km
 行動時間: 2h54min
 平均移動速度: 8.4km/h



CP1は難なく取るも、CP2に向う途中いきなり予定コースをロスト。

下りすぎたのでそのまま下の舗装路から上り返したCP2。T先輩は確認のため本来のコースに戻り、尾根から合流。

そのあとCP3、CP4をのらりくらりとゲット。
CP5へのアプローチ部でMTBをデポして、軽いランチタイム。S先生、T先輩!水を忘れた私にお茶を分けていただきありがとうございました。身軽にするため、わざと忘れたわけではございませ~ん。

ここからはトレッキングです。

踏み跡が狭い上、先週の烈風で倒木が散乱。顔にあたる笹の痛かゆさをがまんしながら、トレールをロストしないよう、CPを通り過ぎないよう慎重に進みます。

CP5、CP6をなんとか取り折り返します。

笹薮の中を進む妖怪はわたくしめ、
ヒョコヒョコ歩きのおいぼれ河童であります。


MTBを回収しゴールをめざしますが、
ちょっとお二方、早すぎです。からだの弱い爺様をいたわってください。心臓が止まりそうなんですけど。

ロードの登りをがんばって、トンネルのガスを吸って、気持ちよく下ってゴール。このころようやく日差しが戻りましたが、気温は低いまま。

結構寒かった。

S先生、T先輩。もたもたするわたくしを辛抱強くみまもっていただきありがとうございました。

スルタンはサドルのセッティングをミスりました。結構下るのではと思い59cmにしましたが低すぎました。登りが多くシッティングの比率が高いので62cmにしてみます。また前上がりを少しもどしフラットに近づけてみます。シートポストクランプはクイックにしておいた方が良いかもしれないなあ。

とにかく本番は気合入れてがんばります!
よい天気になりますように、、、ひざがもちますように、、、

0 件のコメント:

コメントを投稿