2012/04/30

期限切れ

今年のGWは部屋の模様替え、家具の移動で終始することになりそうです。家内が韓流ミュージアムをつくりたいので飾り棚を置きたいとのこと。なんでも、レインピ、CN BLUE、東方神起とかの写真やグッズを飾るのだとか、、、

部屋に余裕があるわけではないので、まずは私のオーディオセットを動かして棚のスペースを確保することになりました。

重い、重い、こちらは自転車と真逆で、ずっしり質量があるほうが良いとされる世界。私のセットは旧式のエントリークラスですが、それでも腰にイヤ~な感じが走りました。

移動し、とりあえずの結線が終わり、ひさしぶりにBLUE NOTEでもかけてみようと思ったところ、CEC BD-5000が動きません。

あれ、アンプのスイッチングコンセントまちがえたかなあ、などと電源系を確認してから再トライ。

ピクリともしませんねえ。

ターンテーブルを取り外すと、ベルトが溶け落ちてました。ネチャネチャに加水分解です。

赤い軸はくるくる回っているので、ベルトを交換すればまた動くと思うのですが、、、

ターンテーブル側は、きれに張り付いたままになってます。

これは爪でこそげ落としたあと、パーツクリーナーで粘つきを除去しました。

確かスペアあったよなあ、と、みつけたものの、こいつもビニール袋の中で加水分解を起こしてネチャネチャバラバラになってました。

スペアを用意している意味がまったくありませんねえ。このテのスペアはある程度間をおいて準備しなければならないのでしょうか。







さて、どうしたものか、肝心のベルト長がわからないんだよなあ、、、

ベルトをどう選ぶのか知識がないので、プレイヤーの駆動部のサイズと溶けたスペアベルトの型番をたよりに、秋葉原の駆け込み寺にすがるしかなさそうです。



CEC BD-5000 (50Hz s/n=9400707)

ベルト幅: 4.5mm
モーター軸~ターンテーブル中心: 134mm
ターンテーブルベルト受け直径: 209mm / 紐をかけた実測約: 660mm
ベルトのかかる部分に紐をかけた実測: 687mm
プレーヤーベルト、スペアの型番: D89-Z

交換針: MC-8

4 件のコメント:

  1. 凄い! レコード聴けますか。
    懐かしいですね~
    何故か私も、いまだにレコード盤だけ持ってますが
    プレーヤーが無いと意味無いですよね~(^^ゞ

    返信削除
    返信
    1. ゆるポタさん
      レコード盤おもちなら、楽しまれてみては、
      今となっては、針を落とす緊張感や
      ホコリでパチパチする音がたまりません。
      プレーヤーはまだまだ現役で、
      たまに新製品も出てるようですよ~!

      とか、悪魔のささやきになりかねないので、
      ホドホドにしておきます。笑
      わたくしはいつか、
      レコードを真空管アンプで鳴らしたいなあ。

      削除
  2. CECでしたか。
    安心価格のベルトドライブ。

    本当にスペアパーツあるの?
    現役復帰OK?

    自分の場合はLDのソフトをどうするか?
    これが問題です。
    ハード無し。

    返信削除
    返信
    1. kaiさん
      登山いかがでした?
      天気もよく充実した一日になったのでは。
      VECTORも動作チェックできたことでしょう。

      純正スペアは無いので汎用品をさがしてみます。

      LDの維持はちょっと難しいかも、、、
      私はSONYのMDPを使ってたけど、
      ごたぶんにもれず、タイマーで逝きました。
      幸い、購入したLDメディアは、
      ターミネーター2とクリフハンガーの
      たった2枚だったのであきらめがつきます。

      貴重なディスクを持ってるなら、
      業者も撤退する前にDVD化しておいた方が良いかもね!

      削除