2012/05/05

本来のフラット



Dさんにゆずった自転車がドッグ入りしました

こちらの奇妙な自転車は
以前雨用自転車として手に入れドロップ化
2年ほど使用した後Dさんに譲ったものです
Dさんは毎日かかさず
えらいことに雨でも通勤に使ってるので
雨用自転車冥利に尽きますね!

本日のお題
Fフェンダー取り付け修正
Rフェンダー取り付け修正
ハンドル交換
ブレーキレバー、シフター、グリップ交換
ワイヤー交換
Fディレーラー交換
Rディレーラー変形修正
セーフティーライト交換
フロントクイックレバー交換
サイクルコンピューターセンサー取り外し
リフレクター、ベル交換
ヘッド、空気圧等、各部調整

駐輪場で倒されることの多いとのこと。毎度のことで、STIレバーがひん曲がってます。クラシックなCinelliのバーも内側に絞り込まれてます。

このシステム、FDが2Sしか引けない(インナーがあまる)、スラムのRDとSTIレバーの相性がこの上なく悪く変速が決まらないという変速二重苦をかかえてますので、シンプルなフラットに戻してみることにしました。

シフターはスラムのグリップシフト、8x3。

これも、駐輪場転倒の衝撃のせいでしょう。レンズ兼カバーがなくなり、電池は吹っ飛んで無くなっています。

たぶん点灯するとは思いますが、、、
交換ですね。

衝撃が大きかろうキャリア部分にはリフレクターを取り付け、シートポストにセーフティーライトを取り付けることにしました。
リアフェンダーのネジが振動で無くなったのでしょう。細い針金で丁寧に補修してあります。私ならネジを買いに行きますけど、、、

リアディレーラーはケージが内側にまがり、変速が不安定になってました。ワイヤーもきれいにバラけてますね。笑

ワイヤーはフラット化すればなんとか足りるでしょう。

金属疲労で鳩金具が断裂してます。ワイドなフェンダーは、手持ちの鳩金具ではキャパが足りません。

L字金具を使うのが簡単ですが、、、
あれこれ悩んだ末、首なし鳩金具に小さい鳩金具を抱き合わせて使うことにしました。

見た目はいまいちですが、がっちり固定。ぐらつき無しです。
フロントクイックは完全に固着。フロントフォークにはホイール脱落防止の爪があるので、ホイールを外すことができません。なんとか解放しなければなりません。

プラのカバーは簡単に空回り、アルミのナットをプライヤーではさんで鬼力で回したら軸から折れました。LXグレードも雨ざらしの下ではこんなものです。

BEFORE

AFTER
オリジナルに近づき、すっきりしたかも
本来の姿は落ち着きますね!

ステムは長く低くした方が前傾とりやすいし
なによりかっこいいから
ポジションに慣れてきたころ交換しましょう
フラットバーだし、ハーフクリップも取っちゃえばぁ?


それと

異音、違和感、不調があったら
遠慮せず、すぐに相談してね!笑

2 件のコメント:

  1. 僕のもメンテお願いしま~す。笑

    KHS、久しぶりです。
    第二次大戦時のイギリス軍自転車、ってイメージでした。

    返信削除
    返信
    1. kaiさん
      >僕のも
      はいは~い。
      もしかして、黒いフルサスとか?
      想像するに、あれは手ごわそうだなあ。

      ってか、kaiさんは自分でできるじゃあないですか。笑

      削除