2012/07/29

ランチサイクリング


私が土曜日に用事ができたため
軽井沢行が中止になってしまいました

せっかくスケジュールを調整していただいたのに
Mさん、kaiさん申し訳ありませんでした

土曜はだめ、でも、

空いてる日曜は軽~く走りましょう
ランチサイクリングです
見沼自然公園(さいたま/9:00AM集合) ~ 古代蓮の里(行田) ~ 
ヴィエント(伊奈/ランチ) ~ 見沼自然公園(解散)

 行動時間: 3時間56分
移動距離: 86.8km


参加メンバーは
kaiさん
Hさん
Dくん
と、私の4人

Dくんは、シクロフレームをオーダーしているものの、なかなか納品されないため、私のロードで参加。初めてバインディング付きに乗るのでちょっと、戸惑っている様子でした。

実はこのとき、まだ目的地は決まっておらず、ランチをとるレストランの開店まで、時間があるので、とりあえず北上。

最初は利根大堰まで行くか?などといってましたが、暑すぎ。もうすこし手前、そう、古代蓮の里くらいで許してやるぜ!

最初はサドルを低めにセットしましたが、SPDシューズのソールが厚いこともあり、かかとが下がりすぎるので、途中のデイリーヤマザキ休憩で1.5cmほどアップ。




古代蓮の里


満開の古代蓮を横目にカキ氷で体を冷やすと、時間も良いようです。森のイタリアンレストラン、ヴィエントに向います。

デイリーヤマザキで補給した氷入りの水は、すでにお湯。

借り物のロードでがんばるDくん。ゾンコランが痛いとこぼしてました。まあ、おしりはきれいにすわれてると思いますけど、そのへんはたぶん慣れですよ。

このポジションでも背筋がつけばハンドルも近くなるし、もっと自然なフォームになると思いますよ!

レストランだけを考え暑さに耐える

ヴィエントでおいしいパスタをいただき、食後に店長からのプレゼントのデザートでしっかりと体を冷まします、ありがたい。

ごちそうさまでした。

ゆっくりとランチを終え、ボトルの水を飲み干してしまった私は、水を多めに流し込んで出発!

午後は少し南の風が出てきました。さほどきつくなくさわやかな感じですが、暑さを和らげるものではありません。

みな、無口です。
解散場所まで、もうひとがんばり。


見沼自然公園に到着しましたら
とりあえず自販機のアイスで冷却!

さわやかそうなのは皆売れきれで
濃厚系の中から選びました
 
暑いなか、みなさんおつかれさまでした
また、よろしくお願いします。

2012/7/29 見沼自然公園

COLNAGO EXtreme-C JET
BREEZER Venturi

2012/07/25

熱中症


もうね、暑くて体温調節できないんじゃ
会社につくと第一声が「顔真っ赤、大丈夫?」


通勤途中標識?がひん曲がってて
バンパー?アンダーガード?が落ちてた
そこからオイルがダダ漏れしてる跡が延々と続いてる

どこにたどり着くか確かめたい気持ちをおさえ
途中の曲がり角で別れた

あの喪失量だとそんなには走れないはず
運転手は気づかなかったんだろうか
エンジンに焼かれて結構におうと思うんだけど
2次災害がおこってないことをお祈りします

2012/07/24

ランチ


なみだめさん、診察室へお入りください
これがあなたの脳ですが、少し問題が、、、

落ち着いて聞いて欲しいのですが
前頭葉と後頭葉に炭素菌によるものと思われる
脳の萎縮がみられます
残念ながらこの萎縮は進行し回復することはありません

今すぐ危険な状態に陥ることはありませんが
カーボン、アルミ、チタン、クロモリ、グリースの摂取を控えて
進行を少しでもおくらせるよう
ご自身で努力してください


 って、いわれたって
食べたいものは食べたいジャン。

今日のランチは

島のパスタ、黒バルサミコトーユ、デュラブロ風

トーユぶっ掛けていただきま~す

食後にドリップコーヒー

Shimano DURA ACE CN-7801(106 links)
for BREEZER Venturi (10S)

伸び率 = 0.4%

2012/07/23

試走


週末ライドに間に合いそう

でも、気になる点、結構あるなあ

・RDがうるさい → このままいくけど、7800に9Sチェーンは相性わるし?
・Rシフターのフリクションが弱い → Dリング思いっきり閉めてなんとか許容範囲
・右のブレーキレバーの角度 → 直せや!
・サドルがソフトすぎ → 保管が長くてクッションが劣化したか?今回はがまん
・リアブレーキが少し鳴く → シューが馴染むまで様子見

BREEZER Venturi

2012/07/22

初、チューブラーテープ


MIYATA Tubelar Tape TTP2 16mm

テープをリムに貼ってタイヤをハメたところで一時中断
確かに、あっけないほど簡単に仮センター出しできる
リムセメントのようにネチャネチャがリムサイドにひっついて
「んも~!」となることもない

マニュアルによると
はっつけたら慣らしライドを行い
2気圧に落として一晩放置することを推奨してます

明日の早朝にフィルムをはがして接着~本センター出し
慣らしをかねて自転車通勤して
帰りは電車で帰宅
翌日には仕上がっているという寸法

チェーンコネクタとコイツは
ハードに追い込むコトのないホビーサイクリストにとって
大変ありがたい発明だと思います

しかし、タイヤは消耗品
寿命をむかえたあとの張替えまで含めて
TTPの利便性を判断したいところ


2012/07/21

しおかぜ一号の準備


とうとう来週末にせまった
夏の軽井沢行

私はクロモリロードの BREEZER Venturi で参加する予定
もしかすると、みなクロモリで突撃するかも、、、

Ventureiは「しおかぜ一号」と呼んでます

終盤に碓氷峠があるので
組み込んである、シマノの10速(11~23)では無謀というもの
なんとか、手持ちの9速(12~27)カセットを使いたい
新調すると、高いモンね!
あるもので間に合えば助かる~


シフトレバーはダブルレバー
変速機関係はそのままで問題なし

仮組みしてメンテ台の上で回すと
カセットとチェーンのゴリゴリ感が大きい

 チェーンも10速(CN-7801)のままでいこかなあと
考えていたが、やっぱ交換しないと
先日洗浄したばかりのCN-7700に入れ替える



「使わないから」
という理由で友人S氏にいただいていた、チューブラータイヤを使おう

Continental COMPETITION という銘柄、もちろん新品で2本
以前使ってたVittoria CORSA EVO-CX LIGHT よりも高級?だあ
どんな性能か楽しみなのじゃ

初めての走行でもパンクしたら終了する可能性もあるので
なかなかこのグレードは手を出せませんって 
それを気前よくいただけるとは

なんとも、ありがたいお話です


高級チューブラータイヤを
中途半端なホイールにはっつけることはできないので
飛び道具のZIPP 202を使いますよ!

ちょこっとリアが振れてるので直します

 リムの裏側からカーボンの毛羽立ったニップル穴に
「ジョリジョリ」っと専用レンチを突っ込んで
エアロスポークをおさせながら
「モソモソ」っとフレ取りするんですけど
いまだ、この手応えにはなじめません

また、今回は生まれて初めて
リムセメントテープに挑戦してみます
 

BREEZER Venturi
Continental COMPETITION
CS-7700 / CN-7700
ZIPP 202

2012/07/20

涼しい暑気払い


朝は暑かったが
さほど気温は上がらず

夕方は涼しいくらい


気の合う仲間でナイトポタ
そして、そのあと暑気払い
 
宴はハイスピード、気分はゆっくり


COLNAGO EXtreme-C JET
BROMPTON S2L-X

2012/07/17

自転車通勤にもハイドレーション




こう暑いと、水分がどんどん抜ける
BREEZER Lightningにはボトルケージを付けてないので
ハイドレーションパックを背負って通勤

1リットルくらいはいけちゃうね


2012/07/15

沈殿からの脱出

湯殿付近の連滝
紋様
コケモモ

3連休なんか予定ありますぅ?
土曜だけあいてるんですけど、、、
都合があえば軽~く行かない、山ジョグとか

泊りがけでがっつり遊びたかろう若者に
おそるおそる、お伺いをたて
前夜初で日光白根山のナイトトレッキングへ出発

したものの

高速にのっかったあたりから、ポツリポツリ
いろは坂につくころにはザーザー

ライトアンドファスト行動なのでカッパは持参しておらず
この状態で突入すれば数分で全身ズブヌレであります


レースじゃないし、こりはちょっとないね
夜間行動はあきらめ車で沈殿することになりました


メンバーはアドベンチャーレースでご一緒したS先生とT先輩と私の3名
※ 上記動画ダイヤログが出ない場合は → 沈殿からの脱出




沈殿となりますれば、特殊燃料が必須となります。

コンビニははるか、いろは坂のふもとなので、とてもそこまでは足をのばせません。中禅寺湖のホテル街で自販機を探して俳諧しますが、最近ビール系は撤退気味だし、時間制限がかかってたりして、期待薄。みなコーラばかり。

なかば、あきらかけたころ、

ある自販機の上段右端になにやら神々しく輝くキリンのマークが!!!

「グルメ缶自販機」なるものに、すぐさま駆け寄り詳細チェ~ック。

スーパードライ、一番搾り、ハイボール、ら、らーめん?、焼きりんご?、おでん?、もつ煮込み???? あるある~! 十分すぎるラインナップです。各自350ml缶を2本と、T先輩がもつ煮込みにチャレンジです。

T先輩のもつ煮込みと、S先生の車に残っていたスナック、それと私の行動食サラミ等を出し合い、宴が始まります。

テーブルは、運転席と助手席の間に挟み込んだマップケース。

ゆっくりと2缶を空にしましたが、雨は一向に弱まる気配はありません。最悪、中禅寺湖でスワンボートを借りてタイムアタックをやるとかの冗談で盛り上がったあと、一眠り。

目が覚めてからも、急に激しく降ったりしてモチが喪失され、だらだらしていたところ、なんか小降りになってきました。ところどころ晴れ間も、、、

完全に出遅れましたが、ショートトレッキングなら行けそな感じ。地図を引っ張り出してコースを選びます。

太郎山(2367m)にしてみますか

天然の盆栽 (スタート地点)

裏男体林道~湯殿橋~新薪~太郎山 往復


車のデポ予定地よりずいぶん手前で、林道が、陥没により通行止め。

2時間くらいプラスかなあ。


裏男体林道を歩く


歩き始めたばかりですが、下山後のそば屋の営業時間を心配しながら進みます。

通行止めの原因は陥没とありましたが、大がかりな工事中ですな。

林道の開けた場所から太郎山を望みます。結構遠くネエか?

私が、太郎山の言いだしっぺなので、泣き言は言えませんけど、、、

木の香と、昨夜の大雨でできた水溜りの反映を楽しみながら涼しい林道を進みます。

登山道に入ってからはひたすら直登。展望がないので高度計を使って進捗を確認します。

10m/1minで登る計算で

女峰山方面を背に急登を登るS先生。左のピークは小真名子山(2322m)

高度が上がり樹木が低くなり、視界が開けてきました。

雲にかくれた男体山(2397m)
中央に中禅寺湖


女峰山(2463m) + 帝釈山(2455)、小真名子山(2322m)
太郎山(2367m)頂上手前の、花のないお花畑
イワカガミ


この時期にあって、涼しく快適な頂上に到着。時々ほんのりと薄日が差し、風もさほど強くなく、昼寝にもってこいのコンディションです。







おそいランチタイム。私はアップルデニッシュとカロリーメイト2本をたいらげました。



山頂の松


このお二方、足元に高山の花がありますが、それには目もくれず、もし、雪がついていた場合の頂上からのドロップインのやりかたを考えてます。

コワっ! 崖ですよ、ここからなんて、ありえん。

そば屋の時間がありますので早々に下山開始です。

お花畑(花はない)を颯爽と走っているげな私。完璧やらせ写真であります。

地図のコメントで「期待するな」と、あったとおり、じぇんじぇん花は咲いておらず、あるのはシカの足跡だけ。

でも、天空のなんちゃら感のある不思議な盆地で、非現実的な空間でした。
ぶっ倒れた木が折り重なりマングローブ的。幹に打ち込まれている標識は、水を含んでぐずぐず。今にも朽ち落ちそうです。

安全のための道標は脆く崩れ、投げ捨てられたジュースビンは何年たっても光り続けるとはなんとも皮肉なもので、人のやることはなんと愚かなことか。

わたくし、笑かせながら(ひざネ!)急斜面を下り、登山道終盤では、登りで気づかなかったスリッピーな斜面で、見事に転倒を決めました。
ドヤ





携帯の電波が届くエリアに到達するやいなや
そば屋の営業時間を確認
          
間に合いませんでした
            
替わりに中禅寺湖畔にあるアジアンガーデンの
4種の本格カレーを楽しめるビュッフェにチャレンジするも
スパイシーさ別次元の「スパイシーチキン」に撃沈
         
お疲れ様でした。またよろしくお願いします
徐々に筋肉痛がきてま~す!