2012/09/02

ハートブレイク


なみだめさん、診察室へお入りください
これがあなたの心臓ですが、少し問題が、、、
    
誠に申し上げにくいのですが
恋の病にかかっていると思われる
心筋の亀裂がみられます
    
症状を改善するためには、カーボン、クロモリ、アルミ、チタンを
バランスよく摂取する必要があります
何かに偏っていたり欠如している自覚はありませんか?
     
デローザという特効薬もありますが
サイドエフェクトが強いのでお勧めできません
      
よく、お考えになり、症状を引き起こしている原因を
ご自身で取り除くよう努力してください
    
・  
    
DAHON Smooth Hound用
 CN-HG73(114リンク) 伸び率 0.5%

火炎瓶の製造ではなく、チェーンの洗浄。

今日は、室内で作業しているのでペットボトル方式。チェーンをぶっこみ、トーユをぶっ掛け、蓋をしてシェイクします。

紐は、ボトルを壊さずチェーンを取り出せるというだけで、結局中で絡まって難儀するし、何の役にもたちません。しかし、なんとなくホットするので取り付けてみました。


洗浄後、チェーンは底の方にたまってます。紐を引っ張ってチェーンを取り出しますが、どう考えても、洗い油を捨ててから、ペットボトルを開腹するのがてっとり早いですよね。

このボトルを使って、洗い油を何回か使うのでなければ、紐の意味はありません。 次の機会に2度洗いの方法でも考えてみます。

洗い油の再利用システム、ハリケーンランタンに使用済み燃料を投入します。

 これまでコーヒー用のペーパーフィルターを使ってましたがろ過に時間がかかりすぎるので今回は緑茶用を採用。サラサラと抜けて超スムーズ。ろ過率が低くなろうとも、燃料をガス化するわけではないのでこの程度でよいでしょう。

癒しの一時の準備が完了
昨日、ドブネズミになったDAHON Smooth Hound をメンテ

水洗い~分解清掃、タッチアップして乾燥


DAHON Smooth Hound


4 件のコメント:

  1. 自分も今日は、軽くバイクの洗車をやりました。メカのことはわからないので、パーツクリーナーで汚れを落としてから注油で終了。結構汚れてました。

    返信削除
    返信
    1. あれだけ長い時間雨の中走ると汚れもすさまじいですね。

      われわれは皆素人。お金をケチって自分でいじってるうちに、なんとなくごまかす技量が身につきます。プロの完璧さは無理でも、自転車を愛する気持は深まり、そして、発病します(笑

      クロモリは内側が錆びるとやっかいなので、シートポスト抜いてしっかり乾燥させてくださいね、あと、チェーンステー内まで浸水した場合、リアエンド付近に穴のあるフレームであれば、ウィリー状態を保持すると出てきますので、お試しあれ。そんなこたあ知ってるってか(笑

      削除
  2. あらら、また再発ですか?
    確かに新薬のデローザであれば、
    カーボンからチタンまで効果が期待できます。
    しかし、把握されていない副作用の発症が考えられます。

    私見ですが、ここはチタンの投与が最善と思います。
    計画中のママチャリのフレームをチタンでオーダー。
    これに尽きるかと思います。

    あくまで私見ですが、、、

    返信削除
    返信
    1. チタンフレームのママチャリ、とは、なんとも魅惑的
      kaiさんの発想が私のハートにまた火種を灯しましたヨ(笑

      しか~し、忘れてはいけません、
      シャビーが似合う唯一のマテリアル、スチール&ハイテンを!
      コイツを摂取するために、
      昨日マルゼンでオーダーしました、石橋のNOLKOG-W。
      押し出しで、宮田のPizzaが我がものに、、、

      ようやく、ママちゃ改のスタートをきりました。ドヤ(笑

      削除