2012/10/20

元・ママちゃりで颯爽と、リアブレーキ台座の再作成

PROXXON Milling Machine

ブレーキ台座の強度不足にて再作成

良い材料を求めて、ホムセンハシゴするも
なかなか「これぞ!」というのがみつからない

なんとかイメージに近いものを見つけたんだけど
持ち帰って、フレームにあわせてみると
このままでは全然つかないのと
木ネジ穴が軸穴に干渉することが判明
 
あじゃあ~また、強度不足必至
ですが、とりあえずどんなもんかやってみよ
ってことで、、、

いいと思ったんだけどねー、3mm厚の変形L字アングル。その、真ん中の穴が余計なんよ。

軸穴とオフセットして重なるんだよ。そこにあったら、ひょうたん型の穴になってしまうやろが。

現物あわせで、ギリかわしてOK~!なんて、期待してたけど、見事にかぶりました。
ひょうたん穴になることには目をつぶり、気を取り直しとりあえず、フレームのブリッジをかわすためにミリングします。

「なんでフライス?サンダーでええやん!」ていう声が聞こえてきますが、僕ちん、サンダー持ってないんだよね。怖いから。

取り付けはこんな感じ、Nさんが言ってたとおり、3mmで強度はギリ。ひょうたん穴でマイナス。実用可能ですが寿命は短かそう。
 
恥ずかしいひょうたん穴は見えにくいアングルで撮影しました。

壊れる前にいい材料見つけましょう。

2 件のコメント:

  1. これでも強度不足すると思いますよ。
    あとマットガード付かない可能性も。
    ホームセンターに溶接で付ける穴無しの鉄扉用蝶板から
    切り出した方が良いです。
    薄いMDFで型紙作って仮止めしてOKなら切り出すのがベストかな?
    ただ2枚作って挟み込まないとギクシャクすると思います。
    それでもキャリパー締め込むとしなるので自分はステーの側に2本ボルト追加しています。
    加工は17Sアルミの方が簡単だけど値段が高いので止めましたけど。
    リーチが足らない時はBOMAのオフセットブレーキシューホルダーで対応できます。

    返信削除
    返信
    1. なるほど!、材料を探す場所が狭すぎました。
      視点を変えてもっとうろうろしてみます(笑

      Nさんの2本ボルト覚えてます。
      プレート長を補間する支柱として上手いことやってるなあ~
      と、感心して拝見しておりました。

      いちおう、フレームのブリッジが3mm厚なので6mmあけて
      キャリパー側はフレームにマウントしてあるので、
      チェーンステーを挟み込むかたちになってます。あと、
      プレートは、マッドガード固定用のボルトに当たるようにして、
      気持ちベントしにくくしてあります。

      ボーマのオフセットは必要になるかもしれません。
      今後も、ご助言よろしくお願いしますm(,,)m

      みだめ

      削除