2013/05/03

三本河川~飽食走トレーニング




荒川、江戸川、利根川
三つの一級河川つなぐ飽食走トレーニングを敢行
想像を絶する胃のもたれ、肌寒い5月の連休の一日

148km


芝川と荒川の合流点にて待ち合わせ。軽くくもった春空は、北の風をはこんでコノ時期としては気温低め。

15分で到着するとメッセージを最後に30以上経過しても登場しないメンバーを待っていると、完全に体が冷え切ってしまった。今日は強靭な胃袋に鍛え上げる飽食走トレーニングなので問題ない。



DAHON Smooth Hound Demontable



kaiさんの個性派カレラは左から見るととても超メタリック。前三角がシルバーだとメカメカしくってカッコええ。これがクランク側だったらナオよかったなどと考えるのは私だけでしょうか。

いや、いや、そんな話じゃなくって、今日はミニベロのはず。モールトンはどうしたの?周りもレギュレーション違反者だらけで、儲かりまっせ!

 × ロードバイク
 × カーボンフレーム
 × カーボンディープ

kaiさんは本日最高ペナルティポイント3で、罰則の執行が今から楽しみです。











荒川はいいんです、追い風だから。こいのぼりの様子を見ると、江戸川遡上はいやな予感がします。




江戸川で向かい風に格闘していると、いつの間にか空は快晴になり、暖かいというか暑い。ウィンドブレーカーを剥ぎ取ってコンビニ休憩に向けて遡上します。

DAHON Smooth Hound Demontable




江戸川左岸に渡ってコンビニ休憩。今日はトレーニングですから、まずここでガッツリ叩き込みます。

江戸川から利根川にぬけるルートとして利根運河に沿って進みますが、この道はとっても気持ちがいい。一部舗装が荒い部分があり、パチパチと小石がはじけ飛びます。

こうゆう場面はカーボンフレームの人はイヤだろうなあ。フレーム投影面積の少ないモールトンのスペースフレームが無敵じゃないかな?それよりも、気にしないのがいちばんなんだろなあ。

風も止んで快適そのもの、のどかな小路を進む最高のサイクリングです。また走りたい。





トレーニングジム、ハンスホールベックで最大の負荷をかける自分との戦い。私もBコース+ノンアルコールビールをチョイス。ジムを出て数百メートルで、かなりキテルことを痛感しました。

Uoops!

想像以上のキツサ。ひざが胃袋を突き上げてUpしそうです。この状態で目的地のひとつであった関宿城に向うと、窒息しかねないので断念。もうすこし鍛えてから再挑戦でしょうか(笑







地元にもどって、Nさんの真っ赤なスーパーカーを拝みつつ、ライディングポジションについてああでもない、こうでもないと話します。そのうち固定ローラーを引っ張り出して実際にセッティングを修正したり。寒くなって楽しく流れていった時間に気付き、夕方色に染まった空のもと解散。

トレーニングに参加されました皆様、お疲れ様でした。なお、今回ペナルティーを科せられました方は次回以降に必ずや罰則が科せられますことをご承知おきください(笑

それではまた、どうぞよろしくお願いします。

利根運河近辺

RICOH GR DIGITAL III



0 件のコメント:

コメントを投稿