2014/06/28

自転車で向った骨董市は雨に負けて電車で出直した


早朝雨がしっかり降っていたので路面は完全にウェット。フェンダー付きのお散歩自転車を漕ぎ出して骨董市に向った。お目当ては雰囲気のあるランプ。家を出てすぐに霧雨はスコールになった。上半身だけレインウェアの梅雨をなめたスタイルの私は、たまりかねて引き返した。しかし「何かあるんじゃないか?早く行かないといい物から売れちゃうよなあ…」という気持ちを抑えることが出来ず、濡れた服もそのままにバスと電車を乗り継いで開催地へと急いだ。

アンティークバイクにコットン製のポンチョで向ったらめちゃカッコイイんだけどね。



出店数は20~30といったところか。幸い、雨は時おり強く降る程度で、なんとか傘が役に立つレベル。じっくりと全てのテントを見て回ることができました。残念ながらランプは見つかりませんでしたが、目覚まし時計とグラスを手にして家路につきました。







0 件のコメント:

コメントを投稿