2014/07/27

451に56Tを仕込む



特殊兵装 MASI Mini Velo Due Drop 用にスーパーコンピューターがはじき出した値にのっとりアウター(チェーンリング)を注文しておいたものが届いた。カンパ用の巨大な歯は選択肢が少ないというか、今ネットで購入できるものは一択だった。

TA VENT 56T (PCD:135mm / Silver)


 カンパの裏面はシマノ同様凝りに凝った切削が施されている。一方TAはそっけないほどシンプル。


脱落防止ピンはクランクのアームにあわせて買主がセットできる仕様。スペーサーワッシャーをかましてナットで固定するのね、フムフム…ちょっと待て~。


「ごるぁあ!なんでこんなとこにトルクス使っとんのや、ええ加減にせんかい。だいたいT10とか、そんなちっこいトルクスなんか誰も持っとらへんし、六角にしとかないかへんで~」文句を言っても誰も応えてくれないので、しかたなくトボトボ工具屋へ行く羽目に。


T10ソケット(3/8) ああ、また一締めだけの工具を買ってしまった、そして工具箱の重りに…


56Tと、ノーマル52Tとの外径の差はこんな感じ。


56/39、数値ではワイドレンジ過ぎると感じてたけど、クラシカルでいいんでないかい?そう思うことにした。


くららさん、チェーンリングとT10ソケットをかたづけていただけますか?どちらも使う予定はありませんから、奥の方にしまってくださいね。



4 件のコメント:

  1. 上手くインナーからアウターに上がるかな?
    手もキャッシュ掛かったミニベロ。

    ヒトの不幸は蜜の味♪

    返信削除
    返信
    1. 2回でだめなら3回、それでもだめなら手で乗せる…
      カンパはそんな感じで、いいんですよね? 笑

      削除
    2. チェーンが足りるとイイネ!(笑

      削除