2014/08/20

よくもバーストしなかったものだ / Vittoria OPEN CORSA EVO CX


MASI Mini Velo Due Drop改のポジションを考える時、ロードバイクのポジションを参考にしなければならない。 しかし、ずいぶん前からロードバイクに乗ってなかったので、すっかり感覚を失ってしまってしまい、あいまいなイメージしか残っていない。それを取り戻すためにロードバイクを引っ張りだした。

サドル、ハンドル、ペダル。CORNAGO Extreme-C JETにはMASIと同等の、コンタクトパーツが取り付けて有るので比較はしやすい。久しぶりのナイトライド、やはりロードバイクは楽で早い。サイクルコンピューターのセンサーセッティングがずれてしまって、スピードメーター、ケイデンスともまともに計測できなかったが、普通に10%増しの感じだ。

帰宅後、センサーをセットしていて、リアタイヤにでっかいゴミが付いているなあと思っていた。クリスが破壊した牛乳パックのかけらだと思っていた。メンテの最後にそれを取り除こうをしたところ、それは、タイヤの破損だった。幅9mm長さ29mmにわたってタイヤのトレッドが剥ぎ取られていた。こんなでかいのは初めてだ。破損の状況からすると徐々に広がった感じではなく、使用により劣化した部分がブレーキングの時にでも一気に剥がれたと思われる。走り出す前にはなかった破損、いつ剥がれて、その後どのくらい走ったのかわからないがよく無事だった。ホッ!




0 件のコメント:

コメントを投稿