2014/09/07

あの端正なステムをもう一度…無理~死蔵

初期、アッセンブル途中の MASI Mini Velo Due Drop 改
MASI Mini Velo Due Drop改のセッティングは、ほぼ決まりつつあった。が、昨日の走行で、どうしてもドロップが引けないことが露呈した。たぶん、トレーニングを積んで筋力を整えたとしてもカバーしきれない骨格の貧相さによるものが大きいのだろう。端的にいうと落差が大き過ぎる。頭をあげるつらさへの対応はなんとか先が見えていたのだが、腹に力が入らないのは致命的だ。端正な見た目の120mm/17°のステムは、使おう使おうと何度もトライしているが、残念ながら今回もフィットしないようだ。また死蔵か…


MASI Mini Velo Due Drop改にフィットすると思える古いRITCHEY WCSのストックは、110mm/6°。これに換装してみよう。


古いWCSのステムもいくつかのタイプがある。120mm/7°のヘッドは片側に引っかかりるアゴがあり、フランジは四角っぽい。110mm/6°の方にアゴは無く、フランジは滑らかな曲線。


ロードバイクのジオメトリーなら6°は普通だけど、このフレームはヘッドチューブが寝てるから余計に天を仰いじゃうんだよね。ワイヤー長も足りなくはないが見た目ぎりぎりな感じになってしまった。


ハンドル位置が大きく変わってしまったので、これまで積み重ねたハンドル周りのセッティングは振り出しに戻ってしまった、泣。見た目は…案外しっくりはまって悪くない、希望。



0 件のコメント:

コメントを投稿